ENGLISH   |  中文  |   日本語

イギリス就労ビザについてルールの変更

28 Mar 2017

2017年3月16日、UKVIが就労Tier2ビザについて以下の変更を発表されました。

 

海外犯罪経歴証明書の提出について

2017年4月16日より、UKVIは、教育、保健及び社会福祉の分野で就労予定のTier2ビザ申請者及びその配偶者に対しても、犯罪経歴証明書の提出要件を拡大することになります。

標準職業分類(SOC)コードに定義される職業に就くTier2ビザ申請者及びその配偶者は、過去10年以内に12ヶ月以上継続して定住した国の犯罪経歴証明書の提出が必要となります。

 

Tier2就労ビザのスポンサーへSkills Chargeの導入

かねてより検討されていた就労(Tier2)ビザ申請者に対するImmigration Skills Chargeの導入が2017年4月6日により実施されることが発表されました。

このImmigration Skills Chargeとは、非EEA国籍者を雇用し、就労ビザのスポンサーとなっていなる企業に対して課せられるものです。

現在発表されている情報では、雇用者となる企業はTier2保持者一人につき年間1,000ポンドを支払うこととなります。但し小規模企業及びチャリティー団体については減額が適用され、一人つき年間364ポンドが義務付けられる予定です。

 

 

健康保険付加料の変更

2015年に紹介された、英国に6っヶ月以上滞在する非ヨーロッパ国籍者は、滞在中NHSの対象となるために、健康保険付加料の支払いが義務付けられています。2017年4月6日より、就労Tier2 ICTビザ申請者は年間200ポンドの保険付加料の支払いが義務付けられる予定です、または、申請者の家族もほぼ同じ金額の付加料を支払うことになります。

 

就労Tier2ビザについて他の変更

  • 不足してる職業リストには、科学、コンピュータサイエンス、マンダリンを組み合わせた中学校の教師が追加されています。化学の中学校の教師がリストから削除されます;

  • スポンサーが最低給与を引き上げることで、Tier 2(一般)の労働者に25,000ポンドから30,000ポンドまでの経験豊富な労働者を提供することができます。保健・教育分野の一部の職種は、2019年7月1日まで免除されています;

  • Tier 2(企業内転勤)短期スタッフカテゴリを終了する。これは、大学院生を除くすべてのICT従業員が、給与額が41,500ポンドの単一ルートで適格でなければならないこととなります;

  • 企業内移転長期職員カテゴリーの高収入者の給与要求を155,300ポンドから120,000ポンドに引き下げられます。これらの高所得者は、通常の5年間ではなく、9年間まで経路に留まることができます;

  • 企業内移転労働者の要件として、申請者が73,900ポンドまたはその以上の年収に満たしている場合、スポンサーの海外事業体に少なくとも1年間の実務経験申請条件を削除されます;

  • 居住用労働市場テストの免除と、英国への高価値ビジネスの移転または重要な新規インベストメント・プロジェクトの移転を支援するポストのTier 2(一般)名額制限の免除を導入されます。

 

 

 

 

 

 

 

詳しい情報についてはこちらのサイトをご参照ください。

何かご不明な点がございましたら弊社に遠慮なくご相談ください

 

 

 

 

 

Please reload

ENGLISH  |   中文  |   日本語

©Copyright 2018 Beaumont Park Associates Ltd. All rights reserved. 

Beaumont Park Associates Ltd

 

London City Point

1 Ropemaker Street

London

EC2Y 9HT

United Kingdom

Tel:    +44 (0)203 633 8387

          +44 (0)203 633 8389

Mob:  +44 (0)795 709 3196

 

​info@BeaumontParkAssociates.com